治療後の経過

術後の経過として気になるのは「痛み」「腫れ」「内出血」だと思います。

目の下のクマ、目の下のたるみ、目の下のふくらみの改善目的での手術は結膜から眼窩脂肪を摘出をする結膜脱脂術と眼輪筋辺縁の凹みを改善するグロスファクター注射となると思います。

術後の痛みについて

結膜脱脂後の痛みは殆どありません。
それは粘膜をレーザーで切開しているので侵襲(しんしゅう)が少なく組織に与えるダメージが少ないからです。術後の感覚としては痛みというかコロコロした感じがあると表現されます。

術後の腫れについて

次の日の朝が一番腫れています。でも脂肪を取ったその部位に「滲出液」という傷が治るために重要な物質が貯まるからです。
そのため見た目が元に戻ったような錯覚になります。数日で腫れは引きますのでご心配無用です。

術後の内出血について

私の経験では60%の方は内出血もでません、しかし残りの方は残念ながら出てしまいます。
以下モニターさんの内出血例です。

目の下のたるみ 目の下のたるみ 目の下のたるみ

当然必ず消えます。消える期間としてはその人の代謝によりますが10日ほどかかると思われます。

このページの先頭へ